地域密着型サービス外部評価

地域密着型サービス(認知症対応型共同生活介護事業所)については、事業者自らが現状を分析して改善すべき点を見つけ、ケアの質を高めていく契機として、年1回の自己評価と外部評価の受審が義務づけられています。


[ 自己評価 ]
 自己評価とは、サービス事業者が、提供するサービスの質を、自ら評価するものです。


[ 外部評価 ]
 外部評価とは、第三者が客観的にサービスの質を評価するものです。
 評価結果は、事業者から、サービス利用者や利用希望者に対して提供されることはもとより、インターネット上でも公開されます。
 外部評価を受けることにより、事業者にとっては、サービスの質の向上のための課題が明確に把握できるとともに、自主的な取組みが評価されるといったメリットがあります。
 また、利用者にとっては、より客観性の高い情報が提供されることになります。


[ 外部評価の結果 ]
WAMNET 上で公開されています。
詳しくは、介護保険地域密着型サービス外部評価情報(東海・北陸) をご覧ください。
静岡県の全ての評価結果 、セリオコーポレーションの評価結果 はこちら。


評価対象福祉サービス †
外部評価の対象とする福祉サービスは静岡県内の次の福祉サービス事業です。

認知症対応型共同生活介護事業所


--------------------------------------------------------------------------------

(参考)
 WAMNET 独立行政法人福祉医療機構
 WAMNET 独立行政法人福祉医療機構(東海・北陸)